グリーンサイエンスアワー

  • 馬術・畜産等
グリーンサイエンスアワー

次回放送予定

12月2日(水) 14:30~15:00

放送時間
月曜日~木曜日 14:30 ~ 15:00

番組内容

科学技術振興機構がサイエンスチャンネルで放送している、子供から大人まで科学を楽しめる、科学技術専門番組。身近な題材から最先端科学技術を紹介します。

放送スケジュール

  • 「HOW TO サイエンス 生命科学と実験動物」
    サイエンスチャンネル提供:研究成果は話題になっても、意外に知らない研究の「方法」。この番組では、先端研究で用いられている基礎技術について、その方法や原理をわかりやすく紹介します。今回は、実験動物。生命科学の研究には欠かせない存在のマウスですが、それはどのようなものなのでしょうか? 10万匹のマウスを管理しているセンターをリポーターが取材します。(2009年制作)

    12月2日(水) 14:30~15:00

  • 「HOW TO サイエンス 生体分子の動きを観る」
    サイエンスチャンネル提供:研究成果は話題になっても、意外に知らない研究の「方法」。この番組では、先端研究で用いられている基礎技術について、その方法や原理をわかりやすく紹介します。今回は、生体分子の動きを観る。生きている分子を、生きたまま観察し、生命のメカニズムを知る方法に迫ります。蛍光顕微鏡のしくみや最先端研究も紹介します。(2009年制作)

    12月7日(月) 14:30~15:00

    12月8日(火) 14:30~15:00

    12月9日(水) 14:30~15:00

    12月10日(木) 14:30~15:00

  • 「遥かなる縄文の記憶~科学の目で見た縄文~」
    サイエンスチャンネル提供:技術も文明も何も持たない原始的な社会と考えられていた縄文時代。しかし青森県の三内丸山遺跡の発見からその常識は覆されます。驚くほどの高度な建築技術、クリなどの植物栽培、環境に適応した生活。なぜこうした事柄が解明されたのでしょう?考古学というと発掘現場のイメージを持ちますが、実はその後の科学技術が未解明の事柄を解き明かします。この番組では今まであまり知られていない科学の目で見た縄文の世界を紹介します。(2010年制作)

    12月14日(月) 14:30~15:00

    12月15日(火) 14:30~15:00

    12月16日(水) 14:30~15:00

    12月17日(木) 14:30~15:00

  • 「驚異!生物たちのスーパーセンサー 光を見る」
    サイエンスチャンネル提供:見る、聞く、嗅ぐ、触る、味わう。生き物は数々の素晴らしい性能や機能を備えたスーパーセンサーを持っています。そのメカニズムや、感覚器の研究者、生物に学んだ工学への応用例などを紹介します。今回のテーマは「光を見る」。人間は情報の8割を視覚から得ているといわれています。様々な生物の目を観察したり、ブタの目を解剖して目のしくみを紹介します。視覚障害者のための人工視覚の研究も取材します。(2005年制作)

    12月21日(月) 14:30~15:00

    12月22日(火) 14:30~15:00