がんばる!畜産!

  • 馬術・畜産等
がんばる!畜産!

次回放送予定

10月3日(月) 07:00~07:30

番組内容

今、畜産業は担い手不足や国際化の進展など、大きな変化の局面にあります。
そんな中、飼料を自ら生産したり、省力化を図ったりと、さまざまな工夫で素晴らしい経営を行っている生産者がたくさんいます。
この番組では、そうした各地の優れた畜産経営や、後継者の活躍、おいしくて安全な畜産物を消費者の方々に届けるまで、などを3つのテーマ(「畜産トレンド発見!」「ドキュメント 畜産の新主役たち」「なるほど!畜産現場」)に分けてご紹介します。
(公社)中央畜産会ではこの番組を生産者の方はもとより、消費者の方々にも見ていただき、元気で健全な畜産の発展につなげることを目指しています。

放送スケジュール

  • 「畜産トレンド発見!シリーズ令和の畜産危機にさせないために」
    コロナ禍やウクライナ情勢、円安、原油高などの外的要因を背景に、配合飼料などの生乳生産コストが急激に上昇。酪農家がかってないほど苦境に立たされている。有識者や生産者団体、酪農協、生産者に話を伺い、現状とどのような取り組みが行われているのか、危機を回避する方策を探ります。
    リポーター:無し

    10月3日(月) 07:00~07:30

    10月4日(火) 07:00~07:30

    10月5日(水) 07:00~07:30

    10月6日(木) 07:00~07:30

    10月7日(金) 07:00~07:30

  • 「畜産トレンド発見! 地域で畜産の新規就農を支援する 北海道浜中町の事例」
    正式タイトル「畜産トレンド発見! 地域で畜産の新規就農を支援する 北海道浜中町の事例」畜産での新規就農には個人の意欲や努力はもちろんのこと、それを支える地域の組織的支援が必要です。それによって就農しようとする人も安心して経営を始めることができます。この問題を浜中町に取材します。【2021年制作】

    10月3日(月) 07:30~08:00

  • 「畜産トレンド発見!全国優良畜産経営管理技術発表会及びエコフィード表彰」
    正式タイトル「全国優良畜産経営管理技術発表会及びエコフィードを活用した畜産物生産の優良事例表彰式より」令和元年度の経営発表会では肉用牛経営が6事例、酪農と養豚がそれぞれ1事例で、「ゆとりある経営」を語る発表が目立ちました。エコフィード表彰には高校生の発表が2つありレベルの高さが輝いていました。発表の一端をご紹介します。【2020年制作】

    10月3日(月) 08:00~08:30

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 酪農女性サミットと酪農家砂子田円佳」
    酪農家に生まれ、酪農経営にあこがれ一人で経営を始めたという砂子田円佳さん。自ら酪農経営を選び切り開きてきた原動力はなんだったのでしょうか。現在はご主人とともに経産牛60頭を飼養する酪農家ですが、もう一つの顔は酪農家女性の交流の場「酪農女性サミット」の発起人。なぜ、砂子田さんはこのサミットを立ち上げたのでしょうか。映像では砂子田さんに密着して酪農家女性の想いを探ります。【2019年制作】

    10月3日(月) 08:30~09:00

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 石垣の肉用牛生産を支える畜産女性」
    今でこそ石垣牛といえば肉牛の銘柄ブランドとなっていますが、これを実現したのはもちろん石垣島の生産者なのですが、そこには女性の力が大きな役割を果たしていました。今回の番組では石垣島でそうした畜産女性をつなげようとするある女性を通して石垣島の肉牛生産の魅力を探っていきます。【2021年制作】

    10月4日(火) 07:30~08:00

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 現代に生かされる在来馬 木曽馬の里」
    正式タイトル「現代に生かされる在来馬 長野県開田高原 木曽馬の里」在来馬は日本に7種いるとされますが、その活用についてはなかなか難しい点もあるようです。木曽馬の里では50頭余の木曽馬を使って乗馬体験など観光向けの利用を図るばかりでなく、地域の祭りや伝統行事に活用し、その利用の幅を広げています。今回はそうした在来馬の活用を紹介します。【2020年制作】

    10月4日(火) 08:00~08:30

  • 「畜産トレンド発見! 総集編1 省力化のすすむ畜産現場」
    畜産現場での課題には労働力不足や過重労動、休みがとれないなどがありますが、その問題を解決してくれるのが、作業ロボットやIoT(=インターネットを利用したシステム)などです。がんばる!畜産!ではこれまでに搾乳ロボット、エサ寄せロボット、発情発見システムなどを紹介して来ましたが、ここではその機械、器具、システムを広く紹介します。【2019年制作】

    10月4日(火) 08:30~09:00

  • 「なるほど!畜産現場!畜産農家を陰で支える取り組み最前線!!」
    今回は、一般的にはあまり知られていない、畜産農家の皆さんを陰で支えている取り組みについてお届け。動物たちの飼料となる牧草を作るための種子作りに力を入れている家畜改良センター長野支場や、豚舎や鶏舎などで使われている、さまざまな機器を製造されている中嶋製作所を千葉レポーターが大人の社会科見学します。【2021年制作】

    10月5日(水) 07:30~08:00

    10月11日(火) 07:30~08:00

    10月17日(月) 07:30~08:00

  • 「なるほど!畜産現場 肉用牛の農家と牛肉格付のド迫力現場をレポート!」
    千葉一磨が畜産・酪農魅力発見レポーターとして消費者の皆さんに畜産現場の様子をお届けします。今回は、肉用牛の農家と格付現場をレポート!おいしい牛肉を消費者に届けるための肥育農家さんのこだわりとは?また、日本食肉格付協会ではド迫力の格付現場を見てきました。皆さんはA5ランクとB5ランクの違い、分かりますか?【2020年制作】

    10月5日(水) 08:00~08:30

    10月11日(火) 08:00~08:30

    10月17日(月) 08:00~08:30

  • 「なるほど!畜産現場 総集編1 畜産を支える職人たち」
    畜産現場で働くのは必ずしも生産者やその従業員ばかりではありません。その人々を支えるプロたちがいます。これまでがんばる!畜産!では産業動物獣医師や雛鑑別師、装蹄師など影で畜産現場を支える人々を紹介してきました。今回の映像では改めて彼らの活躍を紹介します。【2019年制作】

    10月5日(水) 08:30~09:00

    10月11日(火) 08:30~09:00

    10月17日(月) 08:30~09:00

  • 「畜産トレンド発見!牛の増頭に貢献する!家畜改良事業団」
    牛の増頭に大きな実績を残してきた家畜改良事業団。最近は遺伝子レベルの研究を応用して、生産する精液や受精卵の親の評価を行い、利用者が自分のところの牛をどう改良したいか、オスが欲しいか、メスが欲しいか、多様な要望に応えられるようにしています。番組ではそのシステムを紹介します。【2021年制作】

    10月6日(木) 07:30~08:00

    10月12日(水) 07:30~08:00

    10月18日(火) 07:30~08:00

  • 「畜産トレンド発見!総集編(地域全体で支える畜産経営)」
    規模拡大のすすむ畜産経営ですが、そこにはその経営を支える人や組織が必要です。酪農経営では哺育・育成・預託施設、コントラクター、TMRセンターそしてヘルパー組織などがあります。今回の番組では公的なものや会社組織のものなど、これからの畜産経営に必須となるであろう作業のアウトソーシング化について考えます。【2020年制作】

    10月6日(木) 08:00~08:30

    10月12日(水) 08:00~08:30

    10月18日(火) 08:00~08:30

  • 「畜産トレンド発見! 牛と家族のしあわせを目指して 長野県 牧舎みねむら」
    和牛繁殖牛80頭、肥育牛常時約160頭の一貫経営に取組む牧舎みねむらでは夫婦2人を中心に、それぞれが役割分担を明確にして経営を支えています。ここから生み出される成果は繁殖では、平均分娩間隔12.1ヶ月、平均産次数8産、また、肥育成績では枝肉格付A4等級以上が90%と高いものとなっています。今回の映像では、牧舎みねむらの注目すべき点を紹介していきたいと思います。【2019年制作】

    10月6日(木) 08:30~09:00

    10月12日(水) 08:30~09:00

    10月18日(火) 08:30~09:00

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 総集編1、家族経営の畜産を見る」
    畜産経営でもそのスタイルはいろいろです。佐賀県の株式会社百姓屋は家族の中で養鶏経営は男性陣が、花き生産は女性陣が担当し、分業しています。山口県の秋吉台ファームでは3人の兄弟が子牛生産、肥育、食肉加工・販売と分業しています。番組ではそうした経営スタイルに着目してご紹介します。【2021年制作】

    10月7日(金) 07:30~08:00

    10月13日(木) 07:30~08:00

    10月19日(水) 07:30~08:00

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 農福連携を畜産の現地に見る!」
    農福連携の広がりが進んでいます。しかし、その実施には障がい者に対する理解だけでなく、働き方、設備、仕事の切り分けなど工夫が必要です。今回ご紹介する伊東養鶏場では養鶏施設だけでなく、系列の店舗でも障がい者が働いています。現場でどのように働いているか他の事例も含めてご紹介します。【2020年制作】

    10月7日(金) 08:00~08:30

    10月13日(木) 08:00~08:30

    10月19日(水) 08:00~08:30

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 総集編1 農場HACCPに取り組む!」
    今や農場HACCPに取り組むことは生産現場の衛生レベルを上げるだけでなく、その農場の生産物の衛生的信頼性が高まります。さらに、6次化を進める農場ではその製品に「農場HACCP認証農場」製であることを表示できるようになり、これが消費者に対するアピールにもなるようになってきました。今回はこれまでご紹介してきた農場の中から「農場HACCP」に取り組むことに焦点を絞ってご紹介します。【2019年制作】

    10月7日(金) 08:30~09:00

    10月13日(木) 08:30~09:00

    10月19日(水) 08:30~09:00

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 放牧で飼料代・燃料代を抑えた酪農経営」
    放牧で飼料代・燃料代を抑制 所得率の高い酪農経営を実現 畜産危機を回避するために、放牧を取り入れるメリットをご紹介。配合飼料の使用を極力抑えつつも乳量しっかりと維持。そこにはどのような工夫があるのか?北海道・十勝地方での放牧による取り組みを見ていきながら、畜産危機を回避するヒントを探ります。
    リポーター:太細真弥(ださい まや)

    10月11日(火) 07:00~07:30

    10月12日(水) 07:00~07:30

    10月13日(木) 07:00~07:30

    10月14日(金) 07:00~07:30

  • 「なるほど!畜産現場!美味しい豚肉が出来るまで総集編」
    千葉一磨が酪農魅力発見レポーターとして、消費者の皆さんに畜産現場の様子をお届けします。今回は、美味しい豚肉が出来るまで総集編。養豚の現場に潜入したり、豚肉の加工工場ではハム作りをお手伝い。人気レストランで美味しい豚肉料理もたっぷりご紹介します。【2021年制作】

    10月14日(金) 07:30~08:00

    10月20日(木) 07:30~08:00

  • 「なるほど!畜産現場 肉用牛の国内市場・海外市場への取組」
    千葉一磨が畜産・酪農魅力発見レポーターとして消費者の皆さんに畜産現場の様子をお届けします。今回は肉用牛の国内市場と海外市場を掘り下げます!食肉市場祭りで出会ったいわて牛や、三重県の伊賀牛など日本のブランド牛情報をお届けします。そんなおいしいお肉を海外へアピールする取組もご紹介。【2020年制作】

    10月14日(金) 08:00~08:30

    10月20日(木) 08:00~08:30

  • 「畜産トレンド発見! 総集編2 自給飼料をどうする?」
    日本での畜産経営にとって自給飼料生産は大きな課題の一つです。今回はこれまでご紹介してきた経営の中から、サイレージを中心にした自給飼料生産に取り組む石岡鈴木牧場、エコフィードの利用に取り組む秋吉台肉牛ファーム、豊かな草地資源を利用して放牧を行う北海道・浜中町の村越牧場等を自給飼料利用に焦点を絞ってご紹介します。【2019年制作】

    10月14日(金) 08:30~09:00

    10月20日(木) 08:30~09:00

  • 「国産原料100%の飼料で黒毛和牛を肥育する農家に密着!」
    海外からの輸入飼料の価格が高騰し、農家の経営を圧迫している中
    日本で唯一、海外からの飼料に頼ることなく「国産原料100%の飼料」を使って、黒毛和牛を肥育している畜産農家がある。そこで今回は「国産原料100%の飼料」を使う農家に密着!どのようにして飼料が作られているのか、また地域との連携についてもお届けします!
    リポーター:藤原薫

    10月17日(月) 07:00~07:30

    10月18日(火) 07:00~07:30

    10月19日(水) 07:00~07:30

    10月20日(木) 07:00~07:30

    10月21日(金) 07:00~07:30

  • 「畜産トレンド発見! 総集編1 地域と連携する畜産」
    畜産経営では地域との連携が欠かせません。経営を始めるにあたって支援を受けたり、飼料生産やヘルパーなどの支援、そして畜産に理解を得るための教育ファーム活動など、番組ではこれまでいろいろな形での地域連携を紹介してきましたが、今回はそうした地域連携を振り返ってみます。【2021年制作】

    10月21日(金) 07:30~08:00

  • 「畜産トレンド発見!国を守る!家畜伝染病の侵入を水際で防ぐ動物検疫所」
    正式タイトル「畜産トレンド発見!国を守る!家畜伝染病の侵入を水際で防ぐ動物検疫所の仕事」海外で発生している家畜の病気の侵入を水際で防ぎ、外国に家畜の伝染病を広げる恐れのない動物や畜産物を輸出できるようにする役割を果たすのが動物検疫所です。空港や港での肉製品や動物の輸出入検査を行っています。今回はこの動物検疫所の仕事をご紹介します。【2020年制作】

    10月21日(金) 08:00~08:30

  • 「なるほど!畜産現場 総集編2 消費者との交流を考える」
    がんばる!畜産!2では、これまで生産者と消費者の交流やそれに関連するイベントなどについてご紹介してきました。その中には酪農教育ファームやもーもースクールなど教育的なもの、ヨーグルトサミットのように牛乳・乳製品をイベントの核にした地域振興につながるものなどありました。ここではこうしたいろいろのタイプの消費者との交流をご紹介します。【2019年制作】

    10月21日(金) 08:30~09:00