がんばる!畜産!

  • 馬術・畜産等
がんばる!畜産!

次回放送予定

4月9日(木) 07:00~07:30

番組内容

今、畜産業は担い手不足や国際化の進展など、大きな変化の局面にあります。
そんな中、飼料を自ら生産したり、省力化を図ったりと、さまざまな工夫で素晴らしい経営を行っている生産者がたくさんいます。
この番組では、そうした各地の優れた畜産経営や、後継者の活躍、おいしくて安全な畜産物を消費者の方々に届けるまで、などを3つのテーマ(「畜産トレンド発見!」「ドキュメント 畜産の新主役たち」「なるほど!畜産現場」)に分けてご紹介します。
(公社)中央畜産会ではこの番組を生産者の方はもとより、消費者の方々にも見ていただき、元気で健全な畜産の発展につなげることを目指しています。

放送スケジュール

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 君は競馬のバックヤードを知っているか?」
    正式タイトル「ドキュメント!畜産の新主役たち 君は競馬のバックヤードを知っているか?2019 競馬学校厩務員課程の生徒たち」
    競馬を陰で支える厩務員にはどうしたらなれるのだろうか?JRAでは厩務員養成のため競馬学校に厩務員課程を設け、その門戸を開いている。そこへ集まった生徒たちの馬に対するあこがれや学校での厳しい訓練を紹介する。

    4月9日(木) 07:00~07:30

    4月15日(水) 07:00~07:30

    4月21日(火) 07:00~07:30

    4月27日(月) 07:00~07:30

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 現代に生かされる在来馬 木曽馬の里」
    正式タイトル「現代に生かされる在来馬 長野県開田高原 木曽馬の里」
    在来馬は日本に7種いるとされますが、その活用についてはなかなか難しい点もあるようです。木曽馬の里では50頭余の木曽馬を使って乗馬体験など観光向けの利用を図るばかりでなく、地域の祭りや伝統行事に活用し、その利用の幅を広げています。今回はそうした在来馬の活用を紹介します。

    4月9日(木) 07:30~08:00

    4月15日(水) 07:30~08:00

    4月21日(火) 07:30~08:00

    4月27日(月) 07:30~08:00

  • 「畜産トレンド発見! 総集編1 省力化のすすむ畜産現場」
    畜産現場での課題には労働力不足や過重労動、休みがとれないなどがありますが、その問題を解決してくれるのが、作業ロボットやIoT(=インターネットを利用したシステム)などです。がんばる!畜産!ではこれまでに搾乳ロボット、エサ寄せロボット、発情発見システムなどを紹介して来ましたが、ここではその機械、器具、システムを広く紹介します。

    4月9日(木) 08:00~08:30

    4月15日(水) 08:00~08:30

    4月21日(火) 08:00~08:30

    4月27日(月) 08:00~08:30

  • 「なるほど!畜産現場 ヤギを感じ、学び、働き、つながる 山羊サミット」
    山羊が立派な家畜であることを知る人は意外と少ないかもしれません。食肉として、ミルクとして、そして雑草除去の手段として活躍しています。この山羊を愛する人々の集まり、全国山羊ネットワークが主催する「第19回全国山羊サミットinぎふ」が岐阜県美濃加茂市で開催されました。番組では山羊生産者をはじめ山羊に情熱を傾ける人々の想いと、技術の一端をご紹介します。【制作:2017年】

    4月9日(木) 08:30~09:00

    4月15日(水) 08:30~09:00

    4月21日(火) 08:30~09:00

    4月27日(月) 08:30~09:00

  • 「なるほど!畜産現場 最先端牛舎と酪農の未来」
    千葉一磨が畜産・酪農魅力発見レポーターとして消費者の皆さんに畜産現場の様子をお届けします。今回お邪魔した栃木県の大型牧場は、乳牛なんと1300頭!
    閉鎖型牛舎とよばれる最先端の牛舎や、室内管理・掃除・搾乳など
    あらゆる作業を自動化するロボットなど、酪農の未来予想図に迫ります。

    【出演者】
    千葉一磨

    4月10日(金) 07:00~07:30

    4月16日(木) 07:00~07:30

    4月22日(水) 07:00~07:30

    4月28日(火) 07:00~07:30

  • 「なるほど!畜産現場 肉用牛の農家と牛肉格付のド迫力現場をレポート!」
    千葉一磨が畜産・酪農魅力発見レポーターとして消費者の皆さんに畜産現場の様子をお届けします。今回は、肉用牛の農家と格付現場をレポート!おいしい牛肉を消費者に届けるための肥育農家さんのこだわりとは?また、日本食肉格付協会ではド迫力の格付現場を見てきました。皆さんはA5ランクとB5ランクの違い、分かりますか?

    4月10日(金) 07:30~08:00

    4月16日(木) 07:30~08:00

    4月22日(水) 07:30~08:00

    4月28日(火) 07:30~08:00

  • 「なるほど!畜産現場 総集編1 畜産を支える職人たち」
    畜産現場で働くのは必ずしも生産者やその従業員ばかりではありません。その人々を支えるプロたちがいます。これまでがんばる!畜産!では産業動物獣医師や雛鑑別師、装蹄師など影で畜産現場を支える人々を紹介してきました。今回の映像では改めて彼らの活躍を紹介します。

    4月10日(金) 08:00~08:30

    4月16日(木) 08:00~08:30

    4月22日(水) 08:00~08:30

    4月28日(火) 08:00~08:30

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 経営拡大と経営継承 広野牧場の場合」
    香川県三木町で酪農経営を行う広野牧場は約300頭の搾乳牛を飼養しています。それだけでも都府県では大きな経営ですが、そのほかに和牛の繁殖経営、研修や食育の取り組み、そして飲食のお店まで経営の中に取り入れています。番組ではこうした広い経営展開をする広野牧場の後継者がどのような思いで経営を継承しようとしているのか、探ります。【制作:2017年】

    4月10日(金) 08:30~09:00

    4月16日(木) 08:30~09:00

    4月22日(水) 08:30~09:00

    4月28日(火) 08:30~09:00

  • 「なるほど!畜産現場 酪農発祥の地から 酪農発展の歴史と魅力発信」
    千葉一磨が酪農魅力発見レポーターとして消費者の皆さんに畜産現場の様子をお届けします。今回は酪農発祥の地・千葉県からスタート。酪農発展の歴史・研究について資料館や研究所でお話を伺った後は、夜明け前から近隣の牧場で酪農仕事を早速体験!双子の子牛が生まれるミラクルにも立ち会うことができました。仕事の後は美味しい牛乳も頂きながら、酪農に携わる方々の熱い思いも伺いました。
    【出演者】
    千葉一磨

    4月13日(月) 07:00~07:30

  • 「なるほど!畜産現場 肉用牛の基礎知識・家畜改良センター」
    千葉一磨が畜産・酪農魅力発見レポーターとして消費者の皆さんに畜産現場の様子をお届けします。今回はおいしい牛肉となる肉用牛がどんなふうに生産されているのか、家畜改良センターにお邪魔して、肉用牛とは?といった基礎知識や品種改良についてお話を伺います。

    4月13日(月) 07:30~08:00

  • 「畜産トレンド発見!5種類の肉牛生産で地域に愛される秋吉台肉牛ファーム」
    山口県のカルスト台地は国定公園ですが、その一角に肉牛の牧場があります。秋吉台肉牛ファームです。ここでは黒毛和種から乳用種、交雑種、それに全国でも珍しい地元の牛、無角和種などの一貫生産がおこなわれています。その上ここで育てられた牛の肉は系列のギンチク牧場によって直接販売されています。今回の映像では多様な肉の生産に取り組む様子を紹介します。

    4月13日(月) 08:00~08:30

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 世界一の牛を世界一のカットで」
    若き食肉カット技術者沼本憲明氏は15歳で食肉の世界を志し、その後、専門学校や現場で学びました。食肉の各分野で働き、そこで得た知識を活かし、肉牛の生産にも関わるようになり2014年からは海外での食肉販売・宣伝のサポートを行うなど活躍しています。番組ではそのカット技術や生産・流通・消費に関わる姿を取材します。【制作:2017年】

    4月13日(月) 08:30~09:00

  • 「畜産トレンド発見! 酪農ロボット最新事情」
    今酪農家の間で話題沸騰なのが、搾乳ロボットの導入についてです。こうした動きに合わせて各メーカーは競ってデモなどを行っていますが、今回は北海道十勝管内で開かれた搾乳ロボット導入牧場でのオープンファームの模様を中心に各社の最新型の酪農経営を支援するロボットの事例を紹介予定です。

    4月14日(火) 07:00~07:30

    4月20日(月) 07:00~07:30

  • 「畜産トレンド発見!全国優良畜産経営管理技術発表会及びエコフィード表彰」
    正式タイトル「全国優良畜産経営管理技術発表会及びエコフィードを活用した畜産物生産の優良事例表彰式より」
    令和元年度の経営発表会では肉用牛経営が6事例、酪農と養豚がそれぞれ1事例で、「ゆとりある経営」を語る発表が目立ちました。エコフィード表彰には高校生の発表が2つありレベルの高さが輝いていました。発表の一端をご紹介します。

    4月14日(火) 07:30~08:00

    4月20日(月) 07:30~08:00

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 酪農女性サミットと酪農家砂子田円佳」
    酪農家に生まれ、酪農経営にあこがれ一人で経営を始めたという砂子田円佳さん。自ら酪農経営を選び切り開きてきた原動力はなんだったのでしょうか。現在はご主人とともに経産牛60頭を飼養する酪農家ですが、もう一つの顔は酪農家女性の交流の場「酪農女性サミット」の発起人。なぜ、砂子田さんはこのサミットを立ち上げたのでしょうか。映像では砂子田さんに密着して酪農家女性の想いを探ります。

    4月14日(火) 08:00~08:30

    4月20日(月) 08:00~08:30

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 国産の生ハム伝道師金子裕二」
    東京・赤坂の繁華街にスペイン風居酒屋「セルべセリア・グランビア」がある。この店のオーナーシェフ金子裕二氏は自ら生ハムを作る、人呼んで「生ハムの伝道師」。試行錯語して編み出した生ハムの技術を人々に惜しげもなく伝え、その広がりは大きなものになってきています。番組では氏の、良い生ハムのために放牧養豚まで始めるまでに至った氏の哲学を追求します。【制作:2017年】

    4月14日(火) 08:30~09:00

    4月20日(月) 08:30~09:00

  • 「畜産トレンド発見!大規模繁殖経営の挑戦」
    正式タイトル「畜産トレンド発見!大規模繁殖経営の挑戦 鹿児島県きもつき大地ファーム株式会社」高齢化や後継者不足によって頭数減少傾向にあった管内繁殖経営をきもつき大地ファームやTMRセンターなどを設置することで増頭を図るJAきもつき管内の動きを紹介する。

    4月17日(金) 07:00~07:30

    4月23日(木) 07:00~07:30

    4月29日(水) 07:00~07:30

  • 「畜産トレンド発見!総集編(地域全体で支える畜産経営)」
    規模拡大のすすむ畜産経営ですが、そこにはその経営を支える人や組織が必要です。酪農経営では哺育・育成・預託施設、コントラクター、TMRセンターそしてヘルパー組織などがあります。今回の番組では公的なものや会社組織のものなど、これからの畜産経営に必須となるであろう作業のアウトソーシング化について考えます。

    4月17日(金) 07:30~08:00

    4月23日(木) 07:30~08:00

    4月29日(水) 07:30~08:00

  • 「畜産トレンド発見! 牛と家族のしあわせを目指して 長野県 牧舎みねむら」
    和牛繁殖牛80頭、肥育牛常時約160頭の一貫経営に取組む牧舎みねむらでは夫婦2人を中心に、それぞれが役割分担を明確にして経営を支えています。ここから生み出される成果は繁殖では、平均分娩間隔12.1ヶ月、平均産次数8産、また、肥育成績では枝肉格付A4等級以上が90%と高いものとなっています。今回の映像では、牧舎みねむらの注目すべき点を紹介していきたいと思います。

    4月17日(金) 08:00~08:30

    4月23日(木) 08:00~08:30

    4月29日(水) 08:00~08:30

  • 「なるほど!畜産現場 沖縄・牛どころ伊江村の挑戦」
    沖縄本島から北に9kmほどのところに伊江島があります。この島の主要作目は肉用牛。その飼養頭数は凡そ4500頭にものぼります。この島の牛の改良は昭和55年に結成された伊江村和牛改良組合によってすすめられ、今ある母牛集団が形成されました。番組では九州をはじめ本土各地から子牛を買いに来るなど質の高い繁殖経営を行う伊江島の肉用牛生産者たちを取材します。【制作:2017年】

    4月17日(金) 08:30~09:00

    4月23日(木) 08:30~09:00

    4月29日(水) 08:30~09:00

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち ”挑戦と工夫”で築いたブロイラー経営」
    正式タイトル「ドキュメント!畜産の新主役たち ”挑戦と工夫”そして女性の活躍で築いたブロイラー経営 佐賀県 株式会社百姓屋」苦境を夫婦の努力によって乗り越え、以後着々と経営多角化を進め、また、女性の積極的採用によって高い評価を受けている経営を紹介する。

    4月24日(金) 07:00~07:30

    4月30日(木) 07:00~07:30

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 農福連携を畜産の現地に見る!」
    農福連携の広がりが進んでいます。しかし、その実施には障がい者に対する理解だけでなく、働き方、設備、仕事の切り分けなど工夫が必要です。今回ご紹介する伊東養鶏場では養鶏施設だけでなく、系列の店舗でも障がい者が働いています。現場でどのように働いているか他の事例も含めてご紹介します。

    4月24日(金) 07:30~08:00

    4月30日(木) 07:30~08:00

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 総集編1 農場HACCPに取り組む!」
    今や農場HACCPに取り組むことは生産現場の衛生レベルを上げるだけでなく、その農場の生産物の衛生的信頼性が高まります。さらに、6次化を進める農場ではその製品に「農場HACCP認証農場」製であることを表示できるようになり、これが消費者に対するアピールにもなるようになってきました。今回はこれまでご紹介してきた農場の中から「農場HACCP」に取り組むことに焦点を絞ってご紹介します。

    4月24日(金) 08:00~08:30

    4月30日(木) 08:00~08:30

  • 「ドキュメント!畜産の新主役たち 畜産現場における農福連携シンポジウム」
    畜産現場における障がい者の労働参画推進のため、畜産関係者だけでなく、障害福祉や特別支援教育など幅広い分野の人々とともに、その現状や課題について話し合おうというイベントが開かれます。番組ではシンポジウムの模様や現地事例を紹介します。【制作:2017年】

    4月24日(金) 08:30~09:00

    4月30日(木) 08:30~09:00

  • 「なるほど!畜産現場 酪農家を支えるエサ工場」
    千葉一磨が畜産・酪農魅力発見レポーターとして消費者の皆さんに畜産現場の様子をお届けします。今回は静岡県のエサ工場とレポート。栄養バランスを整えて、おいしい牛乳を搾るため、意外な材料と知恵が牛のエサには込められていました!忙しい酪農家にかわってエサ作りや糞尿処理を行う、日本の乳業に欠かせない支援の仕組みをご紹介します。
    【出演者】
    千葉一磨

    5月1日(金) 07:00~07:30

  • 「なるほど!畜産現場 肉用牛の国内市場・海外市場への取組」
    千葉一磨が畜産・酪農魅力発見レポーターとして消費者の皆さんに畜産現場の様子をお届けします。今回は肉用牛の国内市場と海外市場を掘り下げます!食肉市場祭りで出会ったいわて牛や、三重県の伊賀牛など日本のブランド牛情報をお届けします。そんなおいしいお肉を海外へアピールする取組もご紹介。

    5月1日(金) 07:30~08:00

  • 「畜産トレンド発見! 総集編2 自給飼料をどうする?」
    日本での畜産経営にとって自給飼料生産は大きな課題の一つです。今回はこれまでご紹介してきた経営の中から、サイレージを中心にした自給飼料生産に取り組む石岡鈴木牧場、エコフィードの利用に取り組む秋吉台肉牛ファーム、豊かな草地資源を利用して放牧を行う北海道・浜中町の村越牧場等を自給飼料利用に焦点を絞ってご紹介します。

    5月1日(金) 08:00~08:30

  • 「畜産トレンド発見! 平成29年度全国優良畜産経営管理技術優良事例発表会」
    毎年全国各地から選ばれた優秀な畜産経営事例が酪農、肉用牛、養豚、養鶏の各部門で行うこの発表会からはたびたび天皇杯を受賞する事例も出ています。先に番組でもご紹介した宮崎県の香川畜産も発表会に出られ、今年度天皇杯を受賞されています。今年の発表会ではどのような事例が出てくるでしょうか。番組では全事例をご紹介します。【制作:2018年】

    5月1日(金) 08:30~09:00